25 February 2016 Annabelle BONNAUD

オイルフィルターの比較:パーマネントフィルターと従来型フィルターのどちらを選ぶ?

優れた運転者であれば、自動車エンジンの正常機能と耐久性における潤滑の重要性を十分に理解しているはず。エンジンオイルは、不純物が取り除かれなければ正常にその役割を果たすことはできません。オイルをクリーンに保つことが、まさしくオイルフィルターの仕事! オイルフィルターは、エンジン作動時にオイル中にたまる汚染物を除去します。従来型の「ペーパー」フィルター(Purflux等)から、パーマネントフィルター、洗浄式フィルター、エコフィルターまで、選択支はさまざま! ところで、これらのフィルターはどこが違うのでしょう。 そして、nitiFilterが競合他社の市販パーマネントフィルターと一線を画す特徴とは? そこで、市販の各種オイルフィルターを比較してみましょう。

従来型のフィルターとパーマネントフィルターの違いは?

 

filtre à huile papier

従来型のペーパーフィルター

従来型の「ペーパー」フィルターまたはセルロース・フィルター

これらのフィルターは、フェノール樹脂を含浸加工した紙でできています。最も一般的に使用されているタイプです。しかし、ペーパーフィルターの品質を正確に把握して比較することは困難です。そのうえ、価格差も大きく、必ずしも高価な製品が優れているとは限りません。

従来型フィルターには以下のようなものがあります:

· Purflux

· Fleetgard(またはCummins)

· Donaldson

· Mann Hummel

· Wixfilters

従来型フィルター(または「ペーパー」フィルター)に対するパーマネントフィルターの利点

– 「ペーパー」フィルターと比べてパーマネントフィルターはより効率的です。つまり、ろ過性能がきわめて高く、一定です。従来型フィルターでは、目詰まりは徐々に進行していきます。フィルターに不純物が付着するほど、オイルの流量を確保するためにオイルポンプが高出力を必要とするため、カーエアコンを作動させたときのようにエンジン出力が徐々に低下します。フィルターの目詰まりがひどくなるほど、オイルがフィルターを通過しにくくなり、オイルの温度が上がります。

具体的な例を挙げると、従来型フィルターは深層ろ過式であるのに対して、nitiFilterは表面ろ過式(すなわち100%のろ過)です。数値で見てみると、nitiFilterでは、全体のオイル流量のうち清浄器へ流れる割合はほんのわずかで、圧力損失は多くても0.1バールほどです。一方、標準型フィルターでは圧力損失が1~2バール(燃料のタイプによる)に達し、動画を見るとわかるように、リリーフバルブが開く場合があります。すると、汚れたオイルが清潔なオイルと混ざってエンジンへ流れ、汚れたオイルで潤滑するためエンジンにダメージを与えるのです。

– パーマネントフィルターは再使用できるため、よりエコフレンドリーです。従来型フィルターはオイル交換のたびに交換され、使用済みの「リサイクル」品として処理されます。つまり、焼却により再利用エネルギーに転換されるのです。再使用でき、しかも100%リサイクル可能なnitiFilterと比べると、理想的な廃棄処理とはいえません。

– パーマネントフィルターは長期的に優れたコスト効率

 

パーマネントフィルター

パーマネントフィルターは、優れた耐久性を保証するよう設計されています。そのため、それなりのコストになります。このタイプのフィルターには2つのカテゴリーがあります。

  • 洗浄式フィルター

    その名のとおり、洗浄して繰り返し使用できるフィルターです。この種のフィルターは、(理想的には)目詰まりする前に洗浄する必要があります。代表的な製品は以下のとりです。

    · PurePower!  ろ材がステンレス鋼で、分解して洗浄

    · K&N Filtres PurePower!と非常によく似た、手作業で洗浄可能なステンレス製ろ材の高性能フィルターを最近発売

    · CM Filters カートリッジ式フィルター。最近は手作業で洗浄可能なステンレス製ろ材のフィルター

    · 37 degreeライフタイムオイルフィルター オイル交換の時期を2倍に伸ばすといわれるフィルター

  • “バイパス”式フィルター

    このタイプのフィルターは、オイルをろ過する清浄器(内部または外部)を備えています。商品説明は、エンジンオイルの寿命を延ばし、オイル交換の頻度を減らすというものです。

    · Puradyn バイパスフィルター

    · Trabold フィルターエレメントを定期的に交換する必要があるため、厳密にはパーマネントフィルターではありません。

    · Micfil 0.5ミクロン単位でろ過できる超微細フィルター。このような超微細フィルターにおける問題は、目詰まりが著しく早まる点です。

    · Triple R  クリーンオイルが100%ろ過されるという特性以外に、ろ過性能についての特別な説明はありません

他社製パーマネントフィルターに対するnitiFilterの強みとは?

nitifilter vs filtre papier

ペーパーフィルターとnitiFilter®の比較

nitiFilter®は、1000馬力以下のエンジンについて、オイル寿命を向上するセルフクリーニング式フィルターと清浄器を提供する唯一のシステムです。上記の競合他社で、この2つの特性の両方を提供するブランドはありません。洗浄式のフィルターも、バイパスフィルターを追加するフィルターも、いずれにしてもメインフィルター(フルフロー式)の交換が必要になるのです。

nitiFilter技術のメリット:その仕組みと技術的特徴

フィルターの目詰まりなし:フィルターにリリーフバルブがありません。表面ろ過によってオイルは100%ろ過され、エンジン性能への影響もありません(仏公的研究・試験機関IFPENとの協力の下に行われた試験、および長期間にわたる複数のテストの結果、当社システムはエンジン性能に悪影響を与えないことが実証されています)。従来型フィルターには常にリリーフバルブが付いています。これは、フィルターが目詰まりした場合の「安全」出口といえますが、ろ過されないオイルが常にエンジン本体へ循環されることになります。フィルターの目詰まりによってオイルが汚れていくほど、エンジン性能が低下する。これが、エンジン性能が保証されるnitiFilter®との大きな違いです。

オイルの特性を維持:エンジンオイルは劣化せず、汚染されます。従来型フィルターではろ過効率が時間とともに変化するため、オイルが汚染されます。新品の状態では、ろ過効率はごく普通(製造時に開口または通過を管理することが不可能)で、目詰まりが始まるとリリーフバルブが開く可能性があります。

nitiFilter®では、ろ過効率が常に一定です。その上、使用されるろ材(ステンレスメッシュ)によって、開口(または通過)が保証されます。フィルターがキャッチした不純物は清浄器によって回収され、クリーンなオイルがオイルパンへ戻されます。

– nitiFilter®システム採用のフィルターはすべて、油圧およびフィルターの圧力損失を管理するための圧力測定孔を備えています。目詰まりインジケーター(XFPで販売されるオプション)または圧力計(臨時圧力測定用、XFPにてキット販売)の使用により、システムの正常動作を確認し、エンジンの汚染率を管理することができます。汚れがひどくオイル中の不純物が増加した場合に起きる圧力損失の上昇が検出されます。

media filtrant

ろ材

競合他社製品と比較したnitiFilter®システムの強みを要約すると:

– 真のパーマネントフィルター

– メンテナンス不要のオイルフィルター:セルフクリーニング式+清浄器により特別な手入れは必要なし(オイル劣化が進んだ場合や汚染がひどい場合は清浄器にたまった汚染物を随時排出可能)

– こうしてオイル交換が不要になり、コスト削減と環境保全に貢献します。市場で唯一、オイル交換が不要なオイルフィルターなのです!

これで、当社のパーマネント・オイルフィルターを使用しない理由はもうありません!

1 Étoile2 Étoiles3 Étoiles4 Étoiles5 Étoiles (No Ratings Yet)
Loading...

voir / ajouter un commentaire

Articles les plus lus

25 2月 2016

オイルフィルターの比較:パーマネントフィルターと従来型フィルターのどちらを選ぶ?

優れた運転者であれば、自動車エンジンの正常機能と耐久性における潤滑の重要性を十分に理解しているはず。エンジンオイルは、不純物が取り除かれなければ正常にその役割を果たすことはできません。オイルをクリーンに保つことが、まさしくオイルフィルターの仕事! オイルフィルターは、エンジン作動時にオイル中にたまる汚染物を除去します。従来型の「ペーパー」フィルター(Purflux等)から、パーマネントフィルター、洗浄式フィルター、エコフィルターまで、選択支はさまざま! ところで、これらのフィルターはどこが違うのでしょう。 そして、nitiFilterが競合他社の市販パーマネントフィルターと一線を画す特徴とは? そこで、市販の各種オイルフィルターを比較してみましょう。 従来型のフィルターとパーマネントフィルターの違いは?   これらのフィルターは、フェノール樹脂を含浸加工した紙でできています。最も一般的に使用されているタイプです。しかし、ペーパーフィルターの品質を正確に把握して比較することは困難です。そのうえ、価格差も大きく、必ずしも高価な製品が優れているとは限りません。 従来型フィルターには以下のようなものがあります: · Purflux · Fleetgard(またはCummins) · Donaldson · Mann Hummel · Wixfilters 従来型フィルター(または「ペーパー」フィルター)に対するパーマネントフィルターの利点…

Read more

25 2月 2016

オイル交換:その時期って一体いつ?

自動車整備の最も一般的な作業の一つ、オイル交換は、エンジンの正常作動と耐久性を保証するために定期的に行う必要があります。しかし、交換時期の具体的な目安とは?ディーゼル車、ガソリン車、走行距離の大小にかかわらず、自分のクルマに合ったオイル交換の時期を知るために、これらのパラメータを考慮する必要があります。今週は、基礎を復習してみましょう。 走行距離と走行期間にもよりますが、10 000~30 000kmの範囲で交換が必要ということをよく耳にします。 簡単に言えば、メーカーが推奨する交換時期は一般に、ガソリンエンジンの場合で10 000~15 000km毎です。これは、通常使用(定期的に使用するが集中的ではない)の場合で1年に1回、ごく稀にしか使用しない場合は2年に1回に相当します。 一方、ディーゼルエンジンでは、約7 000km毎、1年に1、2回と指定されています。 最近の車ほど旧型車に比べてメンテナンスの頻度が低くなっていることにご注意ください。いずれにしても、車両の整備手帳や、ダッシュボードのメンテナンスカウンター(装備されている場合)で確認することが必要です。   エンジンオイルが黒くなっているから交換が必要ということは決してありません。実際には、オイルの黒ずみはオイルがその本来の役割を果たしている証拠です。エンジンオイルの働きとは、エンジン部品の摩擦で生じる金属微粒子を分散してオイル中に浮遊させ、微粒子どうしが寄り集まって固まるの防ぐことです。これら微粒子がオイル中に浮遊しているために、オイルは黒くなるのです。オイルが黒ずんでも、エンジンの潤滑および保護能力には何の影響もありません。そして、不純物はオイルフィルターによって確実にろ過されます。 もちろん、フィルターによる微粒子の捕獲能力は限られており、いずれ飽和状態になります。この時点で、最適なエンジン潤滑を保証するために、オイルの交換または浄化が必要になるのです。   オイルフィルターはオイル交換と同時に行うのが理想的です。その理由は、新しいオイルが古いフィルターに残ったオイルで汚れてしまうため、そして、フィルターの効率が時間とともに低下するためです。従来型フィルターは、交換せずに長期間使うと目詰まりが進んでオイル浄化の役割を果たさなくなり、エンジンにダメージを与える原因となります。そのため、オイル交換と同時にフィルターを交換する必要があります(走行距離や、装備されている場合はメンテナンスカウンターなどに応じて)。それ以外の、単純なもう一つの方法は、セルフクリーニング式パーマネントフィルターを選ぶことです。これならオイル交換とオイルフィルター交換の必要がなくなります。当社のフィルターのおかげで、オイルは常にきれいな状態で、エンジンの確実な潤滑が保証されます。 来週は、多くの方が興味を持っているテーマ:オイル交換の費用についてお話ししましょう。 なぜオイル交換が必要かについては、前回の記事をお読みください! 

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です