25 2月 2016 Annabelle BONNAUD

オイル交換:何のために? 

オイル交換は、車の正常作動と耐久性を維持するために必要と考えられています。一般的な整備サービスパッケージに含まれることの多いこの作業は、自動車整備業者の売上高の30%を占めています。つまり、主な収入源であり、恐らく利益の重要な一部なのです。ところで、オイル交換は本当に必要なのでしょうか? なぜ交換するのでしょうか?そして、オイル交換の費用はどのくらいかかるのでしょうか? 以下は、当社の“フィルターを通さない”オイル交換特集第1部です。

なぜオイル交換する?
エンジンオイルはどのような役割を果たしているのでしょう? 簡単に言えば、オイル交換は、最適な潤滑を保証するために古くなったエンジンオイルを新しいものと入れ替える作業です。オイルは、エンジン内を循環して金属製可動部品どうしの摩擦を抑えることで、エンジンの長期的なダメージや摩耗を防ぎます。また、エンジンの中にある、金属粒子やゴミなどの不純物を取り除きます。そして腐食や酸化からシステムを保護します。つまり、エンジンの正常機能と耐久性にとって不可欠な要素です。

 

定期的なオイル交換が推奨される理由は? 
オイルは、走行距離が増えるにつれて当初の粘度が失われ、不純物で汚れて劣化が進みます。こうした汚れを除去するオイルフィルターが付いていても、この現象を防ぐことはできません。その結果、オイルが酸化して汚れるためエンジンが保護されなくなります。この時点で、エンジン故障のリスクを抑えるためにオイル交換が推奨されます。
といっても、これは自動車メーカーや整備業者の言い分にすぎません。というのも、適切なフィルターが取り付けられていれば、オイル交換の必要がなくなるからです。「そんなことはあり得ない!」とおっしゃるかもしれませんね。それも無理はありません。自動車メーカー、オイルメーカー、自動車産業が声を揃えて主張してきたオイル交換を、これまで誰も問題にしなかったのですから。しかし、データが実証しています。つまり、エンジンオイルの品質が重要な基準だとしても、絶対に交換が必要とは限らないということです。単にオイルを浄化して繰り返し使用することもできるからです。実はこんなに単純な話なのです。オイル交換はうまくできた作りごとというわけです…

 

来週は、オイル交換特集の第2部として、オイル交換の時期、およびコスト・エコ効率についてお話しします。次回はどんな常識が破られるか、どうぞお楽しみに。

 

1 Étoile2 Étoiles3 Étoiles4 Étoiles5 Étoiles (No Ratings Yet)
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です