現実的に考えよう!

たとえ、人類が経験したことのないような困難な時代に生きていないとしても、プレミアムがつくのは確かです。 536年、金融危機、健康危機、人道的危機の積み重ねを前にして、ある種の眩暈を感じないわけにはいきません。

しかし、後者については、戦争と違って、その激震は、今ウクライナ人がやっているように勇敢に立ち向かうか、あるいは、それ以外の選択肢を残さない。 第二次世界大戦のフィンランド人のように、あるいは、崩壊のように…。気候の危機は、より微妙な形で訪れ、私たちにはより把握しにくくなっています。 だから、湯につかったカエルやヘッドライトの中のウサギのように、無気力になってしまうのです。

しかし、IPCCが力強く警告しているように、また最近では2022年4月3日の最新報告書で、我々は直ちに行動を起こさなければならないと述べています。 その努力は非常に重要ですが、朗報です、まだ時間があります。 とはいえ、ウクライナ戦争の影響に関して欧州で下された決定が示すように、月末と世界の終わりの間では、しばしば選択が迅速に行われ、最大の野望があまりにも早く片付けられてしまう。 ですから、完全に合理的になるのを待つ一方で、現実的になって、すぐに利用できる解決策、特に消費を減らすことができる解決策を最大限に適用しましょう:節制は私たちの未来への主要な鍵の一つです。

また、私たちの小さな規模ではありますが、優れたエンジンオイルのろ過システムである nitiFilter®」は、「nitiFilter®」を使用することができるにもかかわらず、市場を見つけることができません。 の消費を抑えることができますのエンジンオイルを使用。 の消費は3倍以上となります。 燃料を1%~2%削減することができます。 モーターオイルはどうせ過去のものだし、永久に廃れるべきだと思うかもしれない。一般的に炭素はなくすべきだし、特にオイルは汚くて公害だ。 しかし、それでは現在、そして将来にわたって20億台近いエンジンが年間数十億リットルの石油を消費しているという現実を完全に無視することになるのです。 私たちは、理想的な未来に非現実的な投影をするのではなく、今日の問題に対する解決策を見つけるべきであり、今日の解決策の使用によって生まれる節約は、誰もが望むエネルギー転換を加速させると知っています。

最後に、楽観的な見方をする2つのポイント。 まず、今回のIPCC報告書には、成長率と炭素強度のデカップリングが多くの国で確認されたという、もう一つの朗報が含まれている:我々は確実に絶望的な状況にあるわけではない。 第二に、未来を予測することは不確実なことである:1894年1974年、メドウズ報告(”The Limits to Growth”)は、成長の限界について正しく警告していたが、詳細については本質的に的外れだった(「電話線の数のために2010年には銅はもうない」) – いずれの場合も、技術の進歩(「自動車、無線電話、光ファイバー」)が問題を完全に打ち消してしまった!最悪の事態は確実にないのである。

しかし、そのためには、現実的でありながら、廃棄物を制限す決意をもって行動しなければならないのです。 – ですから、オイル交換の間隔が3回を超えるような車両、機械、トラックを管理している場合は、nitiFilter®に切り替えてコストを削減し、エコロジーへの移行を加速させ、その間の影響を軽減させましょう。

#futureIsNow

ようこそ!

 

ここでは、当社の最新ニュースや、オイル交換についての疑問や方法などに関する様々な説明をご覧いただけます。誤解されている点や、潤滑の重要性を理解することができ、また、一般的な自動車技術に関する記事や、エコや環境保全について知ることができます。

ブログでまたお会いしましょう。

プレスリリース

logo nitifilter®

 

2015年12月11日、パリ

 

 

 

XFPは、画期的なオイルフィルターnitiFilter®により、COP21に貢献します

filtre nitifilter®

現在、世界でのオイル消費量はほぼ200億リットルに達しています。少なくとも廃油の20%は自然界に放出されており、地球の表面積の8倍に相当する広さを汚染しています。今こそ、あまりにも長い間無視されてきたこの問題に目を向け、まったく不必要な汚染を終わりにする時です。

COP21を迎え、XFPは、具体的で今すぐ適用可能な解決策nitiFilter®を発表します。この画期的な製品は、エンジンオイルの消費量を10分の1に削減することで、90%までCO2排出量の削減を可能にします。 Read more

nitiFilter®のカーボンフットプリント:2回目のオイル交換以降、標準型フィルターに比べて排出量が少なくなる

気候変動問題が主要な課題となり、気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)が開催される状況の中、当社では、温室効果ガス排出量の削減において、当社の自動車フィルターソリューションnitiFilter®と他社製品とを比較して、その優れた点を前面に押し出すことを決めました。フランスでは、最終エネルギーの総消費量の3分の1が輸送関連セクターによるものであり(建築業界に次いで2番目)、また、温室効果ガス(GHG)排出のほぼ30%が同セクターによるもので、そのうち95%が道路輸送による排出となっています。よって、輸送関連セクターにおけるGHG排出量の削減は、最も重要な課題となっているのです。nitiFilter®はどんな点において解決策をもたらすのでしょうか?標準型フィルターと比較したカーボンフットプリントは?nitiFilter®は従来のオイルフィルターに比べて排出量が少ないだけでなく、よりエコフレンドリーでもあり、そのカーボンフットプリントによれば、二酸化炭素排出量を大幅に削減できることがわかっています。 Read more

nitiFilter®が標準型フィルターより信頼できるのはなぜ?

お使いのオイルフィルターが信頼できるものかどうか、考えたことがありますか?たぶんないでしょう。しかし、オイルの質はフィルターの質に左右されるのです

オイルフィルターは、オイルの不純物がエンジン部品の表面に摩耗を引き起こす前に、それを除去します。標準型フィルターは、フェノール樹脂を含浸加工した紙でできています。nitiFilter®は最高品質のアルミニウムとステンレス製ろ材でできています。しかし、両者の違いはそれだけではありません。では、nitiFilter®が普通の自動車修理店で10ユーロで買ったペーパーフィルターより信頼できるのはなぜなのでしょうか?詳細はこの記事の続きをご覧ください。 Read more

フォルクスワーゲン:CO2排出量不正に関係する車種のリスト

排ガス規制不正行為によるスキャンダルが巻き起こってから数か月後、フォルクスワーゲンは、CO2排出量に関する不正な操作を行ったことを明らかにしました。グループはこの度、CO2排出量不正に関係するる2016年の全車種のリストを発表しました。あなたの車種はそれに含まれていますか? Read more

オイルフィルターの比較:パーマネントフィルターと従来型フィルターのどちらを選ぶ?

優れた運転者であれば、自動車エンジンの正常機能と耐久性における潤滑の重要性を十分に理解しているはず。エンジンオイルは、不純物が取り除かれなければ正常にその役割を果たすことはできません。オイルをクリーンに保つことが、まさしくオイルフィルターの仕事! オイルフィルターは、エンジン作動時にオイル中にたまる汚染物を除去します。従来型の「ペーパー」フィルター(Purflux等)から、パーマネントフィルター、洗浄式フィルター、エコフィルターまで、選択支はさまざま! ところで、これらのフィルターはどこが違うのでしょう。 そして、nitiFilterが競合他社の市販パーマネントフィルターと一線を画す特徴とは? そこで、市販の各種オイルフィルターを比較してみましょう。 Read more

nitiFilter レミ・マンガノの写真
フォトクレジット:Souksavanh Khamla

nitiFilterの起源:当社の歴史

nitiFilterは、オイル交換の必要性をなくすことにより、私たちの消費パターンを変えることができる画期的な製品です。画期的な製品が常にそうであるように、その背景には開発に至るまでの歴史があります。今日皆様にお伝えするのは、この歴史です。 Read more

フォルクスワーゲン排ガス規制スキャンダル、自動車メーカーはどこまで消費者を騙している?

フォルクスワーゲン(VW)の米国ディーゼル車排出ガス規制をめぐる不正問題が発覚してから1週間が経ちました。この問題は徐々に世界中に広まっています。フォルクスワーゲンだけにとどまらず、他メーカーについても疑惑が広がり始めているからです。VWはこのような不正を行う唯一のメーカーなのか、それとも、消費者と法規制を欺くこのような不正行為は広く普及しているのか? なぜこんな不正が起こったのか、そしてその影響は?このブログ記事で、これからフォルクスワーゲン社不正事件について詳しく見てみましょう。 Read more