25 February 2016 Annabelle BONNAUD

nitiFilterの起源:当社の歴史

Crédit photo : Souksavanh Khamla

nitiFilterは、オイル交換の必要性をなくすことにより、私たちの消費パターンを変えることができる画期的な製品です。画期的な製品が常にそうであるように、その背景には開発に至るまでの歴史があります。今日皆様にお伝えするのは、この歴史です。

すべては2007年に始まりました。海運分野でエンジニアとして働くレミ・マンガノは、従来の自動車フィルターがもたらす汚染と環境に与える影響の大きさを改めて意識しました。船舶のセルフクリーニング式フィルターを専門としていた彼は、40年以上に渡る実績を持つこのテクノロジーを基盤に、あらゆる車両に適用できるエンジンオイル・フィルターの新しいシステムを開発しようと決意しました。このシステムは、50馬力から800馬力までのエンジンに適用可能な、セルフクリーニング式のパーマネントフィルターとなりました。nitiFilterの特許が申請され、Xtreme Filtration Performance社が誕生しました。

以来、XFP社は、クリーンな自動車フィルターの分野におけるフランスのパイオニア企業の1社として、Véolia Propreté社、パリのバトー・ムッシュ社といった顧客に300以上の装置を設置しています。市場を支配するメーカーや修理工場の言説を前にしての説得は容易なことではありません。しかし、証拠があります。フィルターは効果を上げているのです!さらに、いくつかの研究によれば*、ガソリン消費量の節約というプラスの副作用もあるのです。これは、クリーンでしかも安上がりに車が運転できるということを証明しています。

革新的な企業の集まるポワシー・テクノパーク(イル・ド・フランス地方)に拠点を置くXFP社は、自社の価値観に忠実に、製品の製造・組み立てをフランス国内で行っています。

既に8年の実績を重ねてきた当社は、2015年、人々の消費パターンを今すぐ具体的に変えるために取り組んでいるクリーンテック企業が脚光を浴びた気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)を迎えて、この前衛的な製品に新たな推進力をもたらすために、活動を強化しました。

 

* Andrews, G.E., Li, H., Jones, M.H., Hall, J. Rahman, A.A. and Saydali, S. (2000).”The Influence of an Oil Recycler on Lubricating Oil Quality with Oil Age for a Bus Using In-Service Testing”.SAE 2000 World Congress (Paper 2000-01-0234)

Foder, J. and Ling, F.F.(1985, October).Friction Reduction in an IC Engine through Improved Filtration and a New Lubricant Additive.”Lubrication Engineering”. pp. 614-618.

1 Étoile2 Étoiles3 Étoiles4 Étoiles5 Étoiles (No Ratings Yet)
Loading...

voir / ajouter un commentaire

Articles les plus lus

25 2月 2016

オイルフィルターの比較:パーマネントフィルターと従来型フィルターのどちらを選ぶ?

優れた運転者であれば、自動車エンジンの正常機能と耐久性における潤滑の重要性を十分に理解しているはず。エンジンオイルは、不純物が取り除かれなければ正常にその役割を果たすことはできません。オイルをクリーンに保つことが、まさしくオイルフィルターの仕事! オイルフィルターは、エンジン作動時にオイル中にたまる汚染物を除去します。従来型の「ペーパー」フィルター(Purflux等)から、パーマネントフィルター、洗浄式フィルター、エコフィルターまで、選択支はさまざま! ところで、これらのフィルターはどこが違うのでしょう。 そして、nitiFilterが競合他社の市販パーマネントフィルターと一線を画す特徴とは? そこで、市販の各種オイルフィルターを比較してみましょう。 従来型のフィルターとパーマネントフィルターの違いは?   これらのフィルターは、フェノール樹脂を含浸加工した紙でできています。最も一般的に使用されているタイプです。しかし、ペーパーフィルターの品質を正確に把握して比較することは困難です。そのうえ、価格差も大きく、必ずしも高価な製品が優れているとは限りません。 従来型フィルターには以下のようなものがあります: · Purflux · Fleetgard(またはCummins) · Donaldson · Mann Hummel · Wixfilters 従来型フィルター(または「ペーパー」フィルター)に対するパーマネントフィルターの利点…

Read more

25 2月 2016

オイル交換:その時期って一体いつ?

自動車整備の最も一般的な作業の一つ、オイル交換は、エンジンの正常作動と耐久性を保証するために定期的に行う必要があります。しかし、交換時期の具体的な目安とは?ディーゼル車、ガソリン車、走行距離の大小にかかわらず、自分のクルマに合ったオイル交換の時期を知るために、これらのパラメータを考慮する必要があります。今週は、基礎を復習してみましょう。 走行距離と走行期間にもよりますが、10 000~30 000kmの範囲で交換が必要ということをよく耳にします。 簡単に言えば、メーカーが推奨する交換時期は一般に、ガソリンエンジンの場合で10 000~15 000km毎です。これは、通常使用(定期的に使用するが集中的ではない)の場合で1年に1回、ごく稀にしか使用しない場合は2年に1回に相当します。 一方、ディーゼルエンジンでは、約7 000km毎、1年に1、2回と指定されています。 最近の車ほど旧型車に比べてメンテナンスの頻度が低くなっていることにご注意ください。いずれにしても、車両の整備手帳や、ダッシュボードのメンテナンスカウンター(装備されている場合)で確認することが必要です。   エンジンオイルが黒くなっているから交換が必要ということは決してありません。実際には、オイルの黒ずみはオイルがその本来の役割を果たしている証拠です。エンジンオイルの働きとは、エンジン部品の摩擦で生じる金属微粒子を分散してオイル中に浮遊させ、微粒子どうしが寄り集まって固まるの防ぐことです。これら微粒子がオイル中に浮遊しているために、オイルは黒くなるのです。オイルが黒ずんでも、エンジンの潤滑および保護能力には何の影響もありません。そして、不純物はオイルフィルターによって確実にろ過されます。 もちろん、フィルターによる微粒子の捕獲能力は限られており、いずれ飽和状態になります。この時点で、最適なエンジン潤滑を保証するために、オイルの交換または浄化が必要になるのです。   オイルフィルターはオイル交換と同時に行うのが理想的です。その理由は、新しいオイルが古いフィルターに残ったオイルで汚れてしまうため、そして、フィルターの効率が時間とともに低下するためです。従来型フィルターは、交換せずに長期間使うと目詰まりが進んでオイル浄化の役割を果たさなくなり、エンジンにダメージを与える原因となります。そのため、オイル交換と同時にフィルターを交換する必要があります(走行距離や、装備されている場合はメンテナンスカウンターなどに応じて)。それ以外の、単純なもう一つの方法は、セルフクリーニング式パーマネントフィルターを選ぶことです。これならオイル交換とオイルフィルター交換の必要がなくなります。当社のフィルターのおかげで、オイルは常にきれいな状態で、エンジンの確実な潤滑が保証されます。 来週は、多くの方が興味を持っているテーマ:オイル交換の費用についてお話ししましょう。 なぜオイル交換が必要かについては、前回の記事をお読みください! 

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です